HOME > セキュリティハウスとは

セキュリティハウスとは

セキュリティハウスは札幌から沖縄まで138社の日本で最大・最強の防犯システム専門企業ネットワークです。

セキュリティハウスネットワークの運営本部である株式会社セキュリティハウス・センターは、昭和59年より「セキュリティハウス」の統一屋号でのネットワーク展開を開始しました。
当初19社の組織であったのが平成27年6月現在138社もの組織となりました。1社1社が各地域に密着した形で「防犯・防災・防御システム専門企業」として、設計・施工・アフターサービスまで一貫責任体制にて実施しています。

全国138社の総合力

支店・営業所等全国規模の施工も対応可能です。

セキュリティハウスは「防犯のプロ」の立場から防犯カメラも提案します。

セキュリティハウスは「防犯のプロ」であることに拘ります。
「防犯のプロ」というのは、犯罪の知識(侵入手口・犯罪傾向)や犯罪者の心理(どういう気持ちで侵入ターゲットを選んでいるか)を熟知し、犯罪者の立場にたって「犯罪しにくい環境」を提案できることだとセキュリティハウスは考えています。
単に防犯カメラを設置するのと、犯罪者が嫌がる場所に防犯カメラを設置するのとでは「犯罪抑止効果」にも大きく差が出ます。
セキュリティハウスは「防犯」という犯罪を未然に防ぐことを目的にカメラも提案しています。
全納入実績数

215,623件(2015.6月末現在)

防犯設備士数

532人

総合防犯設備士数

59人 *総合防犯設備士数全国ナンバー1.

セキュリティハウスが御提案する防犯カメラは国内専門メーカー竹中エンジニアリング㈱の商品です。

セキュリティハウスは取り扱う防犯カメラの質に関しても徹底して拘ります。
今日本国内では海外製の「安い」カメラが多数設置されています。
しかし・・セキュリティハウスはお客様にとって何が最適かを考えた時に、「万が一の時に充分な映像が撮れていること」「簡単に買い替えなくて長い期間高品質を保てること」を第一に商品をピックアップしてご提案しています。
国内セキュリティ専門メーカー 竹中エンジニアリング株式会社の商品の高品質で、お客様の本当の意味でも「安全・安心」を支えたいと願っています。

セキュリティハウスの技術力を支える竹中センサーグループ

竹中センサーグループ 会長 竹中新策センサーテクノロジーの研究開発の功績者として「黄綬褒章」授章

バッキンガム宮殿、ウィンザー城、御所、昭和天皇御陵などでも竹中の各種センサーが活躍しています。

地球国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」地球国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」において実験装置の観察器材として、PCRFに1台、SCOFに2台、計3台の竹中システム製CCDカメラが使用され、順調に稼働しています。

セキュリティハウスとは防犯カメラはもちろんのこと防犯システムの専門企業の全国ネットワークです。

セキュリティハウスが取り扱うセキュリティシステムは、防犯カメラ以外にも自主機械警備システム(侵入警戒システム)、外周警備システム、入退出管理システム、、福祉介護ヘルスケアシステム等防犯・防災・防御システム機器全般に渡っています。
お客様の不安・守りたい物、ニース(情報漏洩・異物混入・労務管理・サービス向上・万引・強盗・徘徊検知・放火・遠隔確認等)に対応して、防犯カメラに侵入検知センサーや入退出管理システムなどを連動させ、「最も安全で安心・快適である」最適なシステムをオーダーメイドでご提案することが可能です。
防犯カメラだけのメーカー・販売会社とはここが大きく異なります。
Share on Facebook