HOMEスタッフブログ >間違えて逮捕

間違えて逮捕

警視庁がベトナム人の男性を誤認逮捕していたことがわかりました。

警視庁によりますと、20日午後9時前、豊島区西池袋で「外国人が騒いでいるのを注意したら胸ぐらをつかまれた」と通報があり、池袋署の署員が被害者や目撃者の証言などから30代のベトナム国籍の男性を暴行の疑いで現行犯逮捕しました。しかし、署で被害者に顔を再確認してもらったところ別人とわかり男性はおよそ2時間半後に釈放されました。

周辺の防犯カメラなどで確認はしておらず、警視庁は「再発防止に向け指導と教養を徹底してまいりたい」とコメントしています。

<YAHOOニュース 2022年3月21日(月)16:57配信>より 

黒っぽい服装だったこと、外国人だったこと、現場にたまたま居合わせたこと、被害者の男性や周囲の目撃者も冷静さを欠いたこと。このような要因が重なり誤認逮捕に至ったのだと思います。周囲の防犯カメラで確認を怠ったという風に書かれていますが、周囲に設置している防犯カメラは確認用に目的で設置されているとは限らず、持ち主もすぐにわかりません。
通報を受けた警察官が路上で騒いでいるといった通報を受ければ逮捕するというのも仕方ないのかとは思います。

今回誤認逮捕されたベトナム国籍の男性は不運だったのですが、すぐに誤認逮捕ということがわかって良かったと思います。
Share on Facebook